健康に保ちたい胆道

中学で習った「胆汁を溜める」ということ以外、実は何もしていなかった「胆嚢(たんのう)」を前回は見ていましたが(まぁそれも大事な役割なんですけどね(笑))、前回ラストに書いていた通り、関連用語に程よい長さの記事があったため、せっかくなのでそち…

そういえば胆嚢って何をしてるんだ?

ここ何回かの記事で、モチリン・グレリン・レプチンという、空腹感・蠕動運動・痩せに関するホルモンを見ていました。 正直、どれも単純に短めな記事だったから見てみただけだったんですけど(笑)、あまりにも時間がない日が続いているため、以前もホルモンシ…

そして「痩せホルモン」ことレプチン…

「空腹ホルモン」としておなじみ(…って、僕は知りませんでしたが(笑))、胃腸をグイングイン動かす機能もあるモチリンとグレリンというホルモンについて見ていたここ最近の記事でしたが、前回のグレリン記事では「どう違うの?」という比較対象として、レプ…

グレリンでお腹がグゥ~

腸を動かすホルモンであるモチリンという物質(実際は、22個のアミノ酸がつながった、言うなればタンパク質・プロテインの一種ですね)を見ていた前回でしたが、そこで類似分子なのか相棒分子なのか、むしろウィキペディアでは同じものであるかのように記述…

可愛い名前のモチリン、何をしてるの?

前回の記事では、略称の名前に目を引くインパクトがあったというただそれだけの理由で、SIBOという、要はお腹イタイイタイな病気を見ていましたが(正式名称を書き下すと、「小腸内細菌異常増殖」という仰々しいものですけどね)、今回も一連の腸シリーズの…

SIBOについて学んでおこう

腸について色々見ていたシリーズから、今回もまた一つ、気になった用語をピックアップしてみようと思います。 それが、記事タイトルにも挙げました、SIBO! SIBOというと、日本語だと「脂肪」に「死亡」にあまりいい印象はない気もしますが、実際の英語でも…

催眠療法?!

話が広がりそうな脱線ネタも見当たらなくなってきたため、少しずつ元のネタに戻っていく形ですが、今回は、こないだの腸疾患・IBS記事で「セラピーのひとつ」として挙げられていました、Hypnosis! ヒプノゥシスというこの単語もあまり見慣れない気はします…

あまりにもお腹の調子が悪いときは、PKAを用いるのもアリ…?

食(ダイエット)に関する色々な話を見ていましたが、今回の脱線ネタはまた少し腸の話に戻りまして、どこかの記事でプロバイオティクスと並んで語られていました、何となく名前が似ている、プロカイネティック・エージェントというものを、ただ名前が似てい…

ストレスを減らすには、これを食べよう!

ケフィアに紅茶キノコにスーパーフードにと、腸についてのお話から色々と身体に良いとされる食べ物を見てきました。 と、前回含め何回か登場してきた「地中海式ダイエット」について、前回の紅茶キノコ記事ではリンクも貼られていたので「面白そうじゃん」と…

コンブチャならぬ、紅茶キノコとは一体…?!

腸のお話から、プロ&プレバイオティクスの話になり、そこで紹介されていたケフィアやスーパーフードの紹介記事を見ていました。 今回も、一連の腸シリーズで何度か話に出ていた見慣れぬ食べ物を見ていこうと思います。 それがズバリ、Kombucha! これ、最初…

スーパーフードを知っておこう

前回の記事では、飲むヨーグルトの亜種ことケフィアについて、世界最先端と名高い医療機関クリーブランド・クリニックのヘルス・エッセンシャル記事を参考にさせてもらっていました。 と、HEALTH LIBRARYよりも簡単にまとまっていて短めのブログ記事であるヘ…

ケフィアに秘められし6つのパワー

ふと見始めていたプロバイオティクスの記事から、前回は似て非なるもの…というかプロバイオティクス=いわゆる腸内善玉細菌のエサとなるプレバイオティクスについて見ていました。 プロバイオティクス記事の中では、他にも気になる用語にリンクが貼られてい…

名前が似すぎなプレバイオティクスとは?

前回の記事では、健康の強い味方・みんな大好き(かどうかは分かりませんけど(笑)、僕は好きって感じですね)プロバイオティクスについて、クリーブランド・クリニックのHEALTH LIBRARY記事を参考にさせてもらっていました。 この辺の記事で何度か、プロバイ…

健康の味方、プロバイオティクス!

神経伝達物質に端を発し、当初、泌尿器系をメインに脱線していたつもりが、いつの間にか頭痛やら腹痛やらに逸れていき、ここ最近は食物不耐症・乳糖不耐症なんかを見ていました。 一連の腸関連の記事で目に付いた面白そうなネタとして、いつの頃からか日本で…

牛乳でお腹ゴロゴロ…犯人は乳糖

それでは予告通り、前回の食物不耐症でも触れられていた、最も有名な不耐症(=特定の飲食物が消化できずに悪さをすること)といえます乳糖不耐症のHEALTH LIBRARY記事を見ていこうと思います。 my.clevelandclinic.org ちなみに「milk」という単語は当然「…

アレルギーとはちょっと違う、不耐症とは?

ここ最近の記事では、ダイエット(食事療法)の話から腸の話に広がり、IBDやIBSといった深刻なお腹の問題についても見ていましたが、一連の話で何度か出てきていた気になる関連ワードについて、今回もまたちょっと脱線してみようかなと思います。 まずは、「…

IBDより少しマシなIBS…でも大変!

前回の記事では、お腹ゴロゴロ(というレベルを遥かに超えた難病ではありますが)大変なIBD(炎症性腸疾患)というものを見ていましたが、そこでも軽く触れられていたように、IBSという名前からしてそっくりな疾患も存在するため、今回はこちらを参考に見て…

多くの人が悩まされるお腹のトラブル…IBDとは?

クリーブランド・クリニックのHEALTH LIBRARY記事で取り上げられていた「ダイエット」記事を前回までで一通り見終えていました。 まぁ世界を代表する非営利の医療機関だけあって、怪しげなダイエット法みたいなのではなく、ほぼ全て特定の疾患のための食事療…

特定炭水化物ダイエットとは

何となしに見始めていましたダイエット記事シリーズですが、ケトン・ダイエット、クリアリキッド・ダイエット、エレメンタル・ダイエット、低FODMAPダイエット、エリミネーション・ダイエット、低プリン体ダイエットを経て、今回で「diet」で検索したら出て…

低プリン・ダイエットとは

それでは今回も医療的ダイエット記事シリーズを続けていく感じですが、これまでケトン・ダイエット、クリアリキッド・ダイエット、エレメンタル・ダイエット、低FODMAPダイエットの各食事療法を経て、前回はほぼ低FODMAPと類似のもの(より広い対象)といえ…

エリミネーション・ダイエットとは

引き続き世界最先端のクリーブランド・クリニックがまとめてくれているダイエット記事を見ていこうシリーズですが、ケトン・ダイエット、クリアリキッド・ダイエット、エレメンタル・ダイエットを経て、前回は低FODMAPダイエットという、「自分に合わない食…

低FODMAPダイエットとは

謎のダイエット記事シリーズ、ケトン・ダイエット、クリアリキッド・ダイエットからの、前回はエレメンタル・ダイエットこと成分栄養剤療法について見ていましたが、この記事でもまたいくつか気になるリンク付き用語(=クリーブランド・クリニックHEALTH LI…

エレメンタル・ダイエットとは

クリーブランド・クリニックによるダイエット記事シリーズ(減量ネタではなく、食餌療法という意味でのダイエットですが)、ケトン・ダイエット、クリアリキッド・ダイエットと来て、続きましてはエレメンタル・ダイエット! my.clevelandclinic.org 中二男…

クリアリキッド・ダイエットとは

前回の記事では、ケトン食ダイエットという、元々はてんかんの発作制御に効果的なものとして開発された食餌療法について触れていましたが、この記事で触れられていた「肥満度III」というのはどういう基準なのか、とか、てんかんネタに戻っても、「脳深部刺激…

ケトンダイエットが効果的なのは…?

スティーブンス・ジョンソンやらループスやらバージャーやらシェーグレンやらという恐ろしい難病をチラホラ見ていた最近の記事でしたが、一通り気になる疾病は見終えていたので(まぁまだまだ挙げられていた難病は他にもいくつかありますけど、発見者の名前…

これも絶対かかりたくない、シェーグレン…!

それでは今回も、前回のバージャー病に引き続き、レイノー症候群という手先つま先が突然真っ白・真っ青・真っ赤になってしまう恐ろしい状態異常を引き起こす可能性のある疾患を見ていこうと思います。 今回は、指定難病にされるほど重篤ではないものの(※追…

さらに恐ろしい、バージャーとは…?

何だかすっかり難病をチェックして一人で勝手にブルブル震え上がる謎のブログになってしまっていますが(笑)、てんかんの薬が(片頭痛の予防にも使えるけれど、副作用として)SJSことスティーブンス・ジョンソン・シンドローム、そしてループス(SLE)こと全…

これまた恐怖!レイノー症とは

てんかん薬の服用で(極めて低い確率ながら)発症する可能性のある難病である、SJSことスティーブンス・ジョンソン・シンドローム、そしてループス(SLE)こと全身性エリテマトーデスという各疾患について前回は見ていましたが、せっかくなので「見慣れない…

ループス(SLE)も恐ろしい……

前回の記事では、てんかん薬で発症する可能性のある難病である、SJSことスティーブンス・ジョンソン・シンドロームを紹介していましたが、てんかん薬の合併症として(てんかん薬には何気にかなりの数の合併症が挙げられていました。脳神経に直接作用する薬な…

恐ろしいSJS

片頭痛の予防薬をここ最近見ており(モノクローナル抗体系、βブロッカー、カルシウムチャネル・ブロッカー、SNRIとSSRI)、前回はてんかん薬のHEALTH LIBRARY記事を参考にさせてもらっていました。 その中で、またいくつか気になる医療用語・ネタがあったの…