コメ返信や補足その1-6:「ちょっとだけね!」「どうぞ」

それでは、「マギ単(紛らわしい英単語)」シリーズの記事でいただいていた次のコメントに行く前に、ここ最近の一連のコメ返信シリーズの記事に対して改めていただいていたコメントの方から順に触れさせていただこうと思います。 記事タイトルの番号付けも適…

コメ返信や補足その1-5:youが「あなた」じゃないなんて、じゃあどうやって口説けばいいのさ?!

それでは、かなり中途半端な形で突然ブツ切りにしていた前回の続きから、早速始めて参りましょう。 引用という名のパクり(まぁあくまで参考文献から引っ張ったという形ですが、他人の著作ですしね)で、未来形の使い分けについての凄まじく分かりやすい解説…

コメ返信や補足その1-4:未来形の話…恋人に呆れられる表現か、気分が良くなる表現か…

本題に入る前に、前回翻訳引用させていただいていたエスプレッソ・イングリッシュの記事について…… 前回触れていた通り「あれ、これ、翻訳とはいえ勝手に全文使わせてもろてえぇのんか?」と気になり、運営の方にコンタクトを取ってみたのですが、メッセージ…

コメ返信や補足その1-3:BADって言わないで!

前回の記事で、「英語は難しい」というようなことを言いたい場合、自分なら「I'm still a poor English speaker.(まだまだ英語が下手っぴでして)」なんて言うことが多いかなぁ、改めてその場面を考えてみたら……的なことを書いていました。 これについては…

コメ返信や補足その1-2:「オレがオレが」の精神で

ここ最近の「似通った英単語」シリーズ(とその前座記事)でいただいていたコメントに触れていくシリーズを始めていますが、前回は「-ing/-edの使い分け」の記事へのコメで、「主語の使い分けはムズいっすね」という話から、『英語らしさに迫る』という名著…

いただいたコメントへの返信や補足その1:Exciting!!他

前回で「紛らわしい英単語」シリーズを一通り終えていましたが、今回からは先述の通り、いただいていたコメントに対しての返信や補足事項を取りあげて、また少し話を広げさせていただこうかと思います。 コメントは全て、毎度大変にご丁寧で温かい感想・メッ…

似通った英単語に注意しよう(その23:コントラクト他)

それでは今度こそ「紛らわしい英単語に注意しよう」シリーズ最終回、最終項目ですね。 早速参りましょう。 26. コントラクト (Contract) 最後はこちら、全然カタカナ語として馴染みがあるわけでも、紛らわしい語があるわけでもない微妙な単語なのですが、こ…

似通った英単語に注意しよう(その22-2:プリンシパルから続きのネタ)

前回は無駄に長くなりすぎたため、シリーズ最終回のつもりが途中でぶった切る形になってしまっていました。 まぁ「プリンシパル」については、もう英単語としての紛らわしさやその違い・区別という本題は書き終えていたのであとは単なる脱線ネタだけなんです…

似通った英単語に注意しよう(その22:プリンシパル他)

結構長いこと色々話が広がってくれたマギ単(紛らわしい英単語)シリーズも、これで最後ですね。 毎度前置きの御託が長いので、早速参りましょう。 25. プリンシパル (Principal/Principle) こちらは、正直カタカナ語で使われることはまずなく、さほど馴染み…

似通った英単語に注意しよう(その21:ラスト・トラック)

マギ単(紛らわしい単語)のシリーズも、いよいよ今回でラストとなりそうです……と思いきや、あっ! ラストのネタは二項目、既に最初から「これにしよう」と考えているのがあったのですが…… (とはいえ別に最後っぽいネタではないうえ、全然頻用単語・よく使…

似通った英単語に注意しよう(その20:フライ・リバー)

前々回のソープ/スープから広がって、前回はちょっと下ネタ・ダーティーワード関連でサックなどを見ていました。 今回はスープの方から話を広げて、食べ物に関するネタを見ていくといたしましょう。 …まぁ、言うほどソープやサックはそこまでの下ネタでもな…

似通った英単語に注意しよう(その19:サック・シット)

前回のソープがやや下ネタちっくな話にも広がったことから(…って、英語のsoapには、いわゆる日本語のソープランドの意味は1ミリもなく完全に和製英語なので、自分が勝手にそっちの方に話を広げただけでしたが(笑))、当初「こんなの触れないでもいいかな」…

似通った英単語に注意しよう(その18:ソープ(?)他)

ちょうど前回の記事を書いていた最中、おもむろに一通のメールが届いたのですが、それが件名からしてまさにいきなり「すわっ?!紛らわしい単語すぎる!!」と思うものでした。 めちゃくちゃ良いタイミングだったということで、今回は予定を変更して、この語…

似通った英単語に注意しよう(その17:ファン他)

実は当初パッと思いついて用意していた似た単シリーズはもうほぼ終えており、あとはその後追加で記事ボリューム調整用に適当なものをあえて捻り出したようなものばかりであるため、特に広がるネタも恐らくないと思われますから、サクッと終わらせてしまいま…

似通った英単語に注意しよう(その16:ポーズ他)

それでは、前回の記事でふと思いついていたマギ単(紛らわしい単語)に早速触れていきましょう。 16. ポーズ(Pause/Pose) マリオとかで、STARTボタンとかを押したらゲームの途中でも一時停止できるアレ、前回も「PLAY/PAUSEでおなじみですね」などと書いて…

似通った英単語に注意しよう(その15:プレイ他)

早速続きに参りましょう。 今回は、前回のマリカーのついでに触れようと思っていた単語になります。 (というか、これにつなげるために、前回の記事内でもあえて使っていました。まぁ別に「つなげるためにあえて」ではなく、自然にゲームの話なら出てくる単…

似通った英単語に注意しよう(その14:カート他)

前回の記事で一つ書き忘れていた点があったのでその補足からいきたいんですけど、「コレクトコール」の「コレクト」がどちらのコレクトなのかについて、触れ忘れてしまっていましたね! …まぁ正直「回収コール」と「正しいコール」でどちらが正しいかは言わ…

似通った英単語に注意しよう(その13:コレクト他)

それでは最早マンネリにも程があるものの、また一つ似た単語に触れて参りましょう。 13. コレクト(Collect/Correct) 今回は、ここ最近のふと思いついたものではなく、最初にパッと思いついて列挙していたものの中から、こちらですね。 これは、どちらも案…

似通った英単語に注意しよう(その12:アバンダン他)

ここからはもう、本当にネタがほんの少しずつしか広がらなさそうなので、一瞬で終わらせられそうです(でもまだ一回では終わらないと思いますが…)。 ちょうど、研究室でのセミナー(自分のやった研究発表会や、興味深い論文を紹介する集まりみたいなやつ)…

似通った英単語に注意しよう(その11:ピー他)

前回、「ガラスは液体(ではないけど、固体でもない!)」という面白い研究報告の学術記事まで見てみた(本当に見ただけで、何の説明も加えられませんでしたが(笑))ことに端を発し、有名な科学研究雑誌・PNASの発音について「気を付けよう、恥をかいても、…

似通った英単語に注意しよう(その10-2:ガラスは液体?)

前回は「グラス」という紛らわしいスペルの存在する単語に触れており、長々と色々語った割に、一つ書こうと思っていて忘れていたネタがあった…という感じで記事を終えていました。 全く大した話でもないんですけど、ふと思いついていたそのネタは、glass=ガ…

似通った英単語に注意しよう(その10:グラス他)

そろそろワンパターンが過ぎる感じではありますが、そろそろ本当に大して広がるネタもなさそうな単語組ばかりなので、サクッと終わっていけそうです。 通し番号的には、「アダプト」が9番だったので、10番からですね。 早速参りましょう。 10. グラス(Glass…

似通った英単語に注意しよう(その9-2:「~する人」の接尾辞・例外的な-ar)

前回は引用記事の途中で、地味に長かったためブッタ切りの中断を挟んでいました。 早速続きから参りましょう。 改めて、以下の記事(↓)の、例外である-arのセクションからですね。 www.thefreedictionary.com よく混同される接尾辞:-er、-or、-ar (前回から…

似通った英単語に注意しよう(その9:「~する人」の接尾辞・erやor)

「アダプト」(Adapt/Adopt)という紛らわしい単語から意外と話が広がり、ACアダプターからコンセントを経て、話題は「ター」に移行していました。 前回触れていた通り、アダプターの「ター」は、実はadapterでもadaptorでもどちらでもいいという驚きの話だ…

似通った英単語に注意しよう(その8:アダプターの「ター」はどっち?)

紛らわしい単語に触れていくシリーズ、前回は「アダプト」(Adapt/Adopt)から、ACアダプターを経てコンセントの話などをしていました。 「アダプター」に関連して一つネタを追加しようかと思っているのですが、その前に、アダプトの区別についてまずは見て…

似通った英単語に注意しよう(その7:アダプトから、コンセントの話などへ…)

早速、次の項目(といっても、別に順番には何の意味もないわけですが)に参りましょう。 9. アダプト(Adapt/Adopt) こちらは、日常生活では正直一方(の内、ほとんど特定の形で)しかまずお目にかからないとはいえるものの、紛らわしさは指折りの存在とい…

似通った英単語に注意しよう(その6:ロー他)

それではマギ単(紛らわしい英単語)の続きに参りましょう。 今回のは、一番最初にパッと思い浮かんだ語というわけではなかったのですが、ちょうど「生肉」あたりについてあれこれ思いを馳せていたときに、「あ!そういやこいつも紛らわしいっちゃ紛らわしい…

似通った英単語に注意しよう(その5:クリーム・不満・クリープ他)

前回最後、追記的にチラッと書いていた、「フレッシュ」に関する続きから参りましょう。 前回の記事では書き忘れていた脱線ネタの一つとして、コーヒーフレッシュについて触れてみようと思っていたのでした。 まぁ僕はコーヒーは飲まないので、語ることも特…

似通った英単語に注意しよう(その4:フレッシュ・ミート他)

前回はシリアルとついでにライスを取り上げていましたが、ライスなんかは唐突に途中で追加した項目だったので、最早通し番号を振る意味もないものの、一応見出し項目としては7番目からですね。 今回は、乳製品やシリアルなどの食べ物ワードが浮かんだ際、こ…

似通った英単語に注意しよう(その3:シリアル・ライス他)

これまで5組のマギ単(紛らわしい英単語)を見てきましたが(スタッフ・デイリー・コンプリメント・ラック・バッグ)、早速続きに参りましょう。 6. シリアル(Cereal/Serial) これはまぁ正直さほど紛らわしくもないというか、そもそも実際滅多にシリアルな…