DNA・タンパク質

さらに恐ろしい、バージャーとは…?

何だかすっかり難病をチェックして一人で勝手にブルブル震え上がる謎のブログになってしまっていますが(笑)、てんかんの薬が(片頭痛の予防にも使えるけれど、副作用として)SJSことスティーブンス・ジョンソン・シンドローム、そしてループス(SLE)こと全…

これまた恐怖!レイノー症とは

てんかん薬の服用で(極めて低い確率ながら)発症する可能性のある難病である、SJSことスティーブンス・ジョンソン・シンドローム、そしてループス(SLE)こと全身性エリテマトーデスという各疾患について前回は見ていましたが、せっかくなので「見慣れない…

ループス(SLE)も恐ろしい……

前回の記事では、てんかん薬で発症する可能性のある難病である、SJSことスティーブンス・ジョンソン・シンドロームを紹介していましたが、てんかん薬の合併症として(てんかん薬には何気にかなりの数の合併症が挙げられていました。脳神経に直接作用する薬な…

恐ろしいSJS

片頭痛の予防薬をここ最近見ており(モノクローナル抗体系、βブロッカー、カルシウムチャネル・ブロッカー、SNRIとSSRI)、前回はてんかん薬のHEALTH LIBRARY記事を参考にさせてもらっていました。 その中で、またいくつか気になる医療用語・ネタがあったの…

てんかんと片頭痛

モノクローナル抗体系に始まり、適応外(=メインの治療対象以外の用途)で片頭痛を予防する効果があるとされている薬を順に見ており、これまでは主に血圧を下げる意図で使われることの多いβブロッカー、カルシウムチャネル・ブロッカー、そして抗うつ剤であ…

SSRIとSNRI…ちょっと違うよ

片頭痛の予防薬としても使えるお薬シリーズ、これまでにモノクローナル抗体系(これは、他のグループのものよりは片頭痛予防効果を狙って開発されたものと言えますけどね)、そして主に血圧を下げる意図で使われることの多いβブロッカー、カルシウムチャネル…

鬱にも頭痛予防にも効くSNRI

ここ最近参考にさせてもらっております片頭痛予防薬の各グループ、これまでにモノクローナル抗体系、βブロッカーを経て、前回はカルシウムチャネル・ブロッカーを見ていました。 片頭痛予防薬にはまだまだいくつか効果的なグループがあるわけですけど、基本…

カルシウムchを塞ぐと…?

片頭痛のお薬について、代表的な治療薬トリプタン系、そしてそれに続いて予防薬の方も見ており、以前見ていたモノクローナル抗体系に続き、前回はβブロッカーの記事を参考にさせていただいていました。 予防薬はまだいくつか効果的なグループがあり、ちょう…

ベータブロッカーとは

前回はまた目に付いたHEALTH LIBRARYネタから、片頭痛の治療薬として歴史を変えるものであったトリプタン系の薬剤について見ていましたが、以前見ていた片頭痛記事では他にもいくつか目ぼしいお薬が挙げられていました。 特に、トリプたんにはその性質がなか…

トリプタン…どんな薬なんだろう?

セキツイ動物の話から脳脊髄、神経伝達物質を経て、ずっと参考にさせていただいているクリーブランド・クリニックのHEALTH LIBRARY記事で目に付いた泌尿器系の話やら頭痛の話やらに広がり続けている感じですが、頭痛の治療法として最近の記事では鍼治療やカ…

TENSで気持ち良くなろう

前回の記事ではカイロプラクティックについてのクリーブランド・クリニック記事を参考にさせていただいていましたが、この中でまたひとつ、「カイロプラクターにオススメされることがあるかもしれません」的な話で気になるものが目に付きました。 それがズバ…

カイロプラクティックについて知っておこう

前回は、カイロプラクティックのHEALTH LIBRARY記事を見ていくつもりが、ついつい「愛のカイロプラクティック」という古のTV番組を思い出して、クッソしょうもないお笑いの思い出(というか、主にタカさんディス(笑))を書き殴っていました。 そんなわけで早…

TPI(トリガーポイント注射)とは?

鍼治療、ドライ・ニードルと、どちらも細い針を使いながらも目的や標的が異なる医療技術をここ最近見ていましたが、前回のドラニー記事で、「針を刺して薬物を注入する、トリガーポイント注射とは異なります(液体を入れないから、「ドライ」)」という記述…

ドライ・ニードルとは?

頭痛の治療法として、天下のクリーブランド・クリニックによる医療解説記事に挙げられていた鍼治療の話を前回見ていましたが、そこで、「似て非なるもの」として、ドライ・二―ドリングという技法が軽く紹介されていました。 ニードル=針を使うこと以外は全…

ハリ治療ってどうなんだろう?

前回は意外とそこまで絶対に「地上最強の痛み」というわけでもなさそうであった、「自殺頭痛」とも呼ばれる群発頭痛について見ていましたが、この記事で「鍼治療なんかも効果があるかもしれません」と書かれていたのを目にし、「ハリ治療……とても興味があり…

そして最強の頭痛…クラスター!

ボトックスにはシワ伸ばしのみならず頭痛にも効果があり、しかし摂りすぎると食中毒や深刻な疾患にもなる(とはいえもちろん、ボトックス注射でなることは決してなく、食品などに混入したボツリヌス菌を意図せず体内に入れすぎてしまうと、ですが)と前回見…

悪い方のボツリヌス

前回はボトックスについて、美容のみならず幅広い用途で利用できるその万能っぷりを見ていました。 しかしそこでも触れられていた通り、実はボトックスの有効成分はボツリヌストキシンという毒素(トキシン、トキシックは「毒、毒性」という意味の語ですね)…

シワ以外にも効果があったボトックス

前回見ていましたモノクローナル抗体から、免疫や抗原抗体うんぬんの話に行こうかとも思ったのですがまぁそれはまたいつか保留中のネタに触れ終えてネタ切れになった時にでも回すとしまして、今回も最近見ていた頭痛記事で気になったモノについて見ていこう…

モノクロなる抗体

クリーブランド・クリニックのHEALTH LIBRARY記事で気になった用語を見ていくことで無限に話を広げておりますシリーズ、前回は片頭痛のオーラこと「前兆」について見ていましたが、片頭痛については他にもいくつか面白そうな話題がありまして、やはり一つは…

片頭痛にはオーラがある…?!

前回の記事では、多くの人が常日頃から悩み苦しまされているであろう「片頭痛」に関して、世界を代表する最先端医療機関クリーブランド・クリニックのHEALTH LIBRARY記事を参照させていただいていました。 そういえば「結局、片頭痛って何なんだ?普通の頭痛…

片頭痛とは

おもむろに始めていました頭痛シリーズ、前回は「普通の頭痛」といえる「緊張型頭痛」について見ていましたが、今回は日本語でもおなじみ「片頭痛」の記事に行ってみるといたしましょう。 my.clevelandclinic.org 「緊張型頭痛」記事よりもかなり長い分量な…

普通の頭痛を抑えていこう

前回は気圧性頭痛についての、専門家による概要解説記事を紹介させていただいていました。 まぁ勝手に無許可で翻訳引用させていただいているのに大した言い草ではありますけど(笑)、正直あまりにも有益な情報が何もなかった、肩透かしな記事になっていた気は…

天気で頭痛は起こるのか、最新医学の知見

天下のクリーブランド・クリニックによる健康記事をお借りしてお茶を濁しております最近のシリーズですが、やはり具体的な症例が一番身近だし興味も湧くものと言えましょう…ということでここ最近は乗り物酔いや耳鳴りといった、誰しもがカジュアルに経験しそ…

耳鳴りとは?

前回は乗り物酔いの記事を見ていましたが、あまりにも時間がない状況が続いているので、またしてもこないだ見ていた「バイオフィードバックが使える症例」として挙げられていたものの中から、正直大して興味もないんですけど(笑)、そこそこ長すぎない記事を…

乗り物酔いに関する最新知見をみておこう

すっかりクリーブランド・クリニックによるHEALTH LIBRARY記事を見るだけマンになってしまっていますが、時間があまりにもない日が続いているので、もう少しだけ面白そうな健康医療関連記事の紹介を続けさせていただきましょう。 前回の記事では、意外と面白…

バイオフィードバックってどんなもの?

「動物の分類」から脊椎動物に入ったところで、脊椎・脊髄・神経の話を経て、「神経伝達物質を知っておこう」という流れから天下のクリーブランド・クリニックによるHEALTH LIBRARY記事を勝手に翻訳引用させていただいているシリーズですが… …前回は、双子以…

双子や三つ子の妊娠は…

前回の記事では骨盤臓器脱(こつばん・ぞうきだつ)という、まぁいわば脱腸脱肛の一種なわけですけど、必ずしも腸や肛門に限らず、特に女性の場合は骨盤内の色々な部位が垂れ下がってしまう危険性があるのです…という解説記事を見ていましたが…… 泌尿器系の…

少しずつ落ちていく恐怖…骨盤臓器脱とは?

引き続き「泌尿器系を色々知っておこう」シリーズ、前回は「Cystoscopy」、いわゆる膀胱鏡検査に関して、どんな検査器具なのかを中心に見ていたわけですが、何となく胃カメラとかも最新の知見を見てみたかったものの、特に似たような話しかなさそうですし、…

中まで見れるよ、膀胱鏡

「泌尿器系の知識を増やして嫌な病気に備えよう」シリーズ、前回はどうか死ぬまで出てきてほしくない結石の話を見ていましたが、今回は…… …まぁ正直、特に全く深く知りたいとも思いませんけど、前回の記事含め何度も何度も登場していました「Cystoscopy」、…

恐怖のストーン

泌尿器系の疾患・重要部位などを見ている最近の記事ですが、こないだ膀胱について見ていた際(に限らずどの記事でもそうなのですが)、まだまだいっぱい知らないこと・気になることはあるなぁ…と思えていたため、今回はその中から一つ、また怖~い症状と言い…