納豆

長く、苦しい、旅路であった…

(N) 納豆を (K) 語り続ける (T) テキストを紡ぐだけの日々が……。…とかいう、このブログの想定読者の方には恐らく一切なじみがなく、また興味も面白いと感じてもらえる点も一切これっぱかしも存在しないであろうと思われるネタ(参考:NKTとは)から始まりま…

ついに、あの謎の秘密が明らかに…??

僕自身を含め、この世で気になってる人が誰も存在していなかった、世界一どうでもいいあの謎……そう、納豆のラベルに刻印されし摩訶不思議な文字列の謎が今、ついに明らかに……されるのでしょうか?! このブログにしては非常に珍しく、結論からいかせていただ…

カラシを食べられるきっかけになった恩人

恩人というか、人ではなく食べ物なので、恩食というか恩タレというかなんですが、その前に前回の続きから参りましょう。 簡単に振り返りますと、前回の記事の最初の方で、「虚偽に近い記述をした」として、「(カラシを捨てていたので、)『食べ物を捨てたこ…

カラシを食べられる立派な大人になりました

前回は、「食べ物を残さない立派な大人になりました」と書こうと思ってたのにそこまでたどり着かなかったんですが、本当に、少なくとも一人暮らしを始めて大人になってからは、食べ物を捨てたことがないと自信をもって言い切ることができます。 まぁ「一人暮…

食べ物を残さない立派な大人になりました

ついに納豆に関する出がらしネタも、残す所あと1つとなりました。 以前もどこかの記事で一度か二度書いた気がするのですが、僕は、食べ物を絶対に残さない男なんですよ。 といっても別に「環境を考えて…」とかそういう崇高な精神があるわけでも特になく、以…

「矢印にそってお切り下さい」には絶対に従わない男です

一体何のこと?…賢明にて聡明なる読者のみなさまにはもうお分かりでしょう、今回は、納豆のタレ、具体的には今買ってるミツカンのタレについて、ちょっと一言物申さずにはおれないぐらい、僕の心は激おこぷんぷん丸なのであります(いやいつの時代の人間だよ…

謎の文字列の謎に迫りたい!

前回の終わりに、「まだ、納豆に関して、3つもネタがあります!」とはしゃいでいましたが、実際は、最早出がらしのようなネタしか残っていないのが実情となります。 …といってもまぁ、よく考えたら、最初から出花のようなネタを書いたことなど、ただの一度も…

本当に気になるのはこれでしたぁ~。これは…すごい!!

いい加減、無駄話をせず、さくっと本題に入るようにしましょう。 (…って、本題そのものが無駄話みたいなものなので、別に脱線しようが突進しようが、何も大差はないともいえるんですけど(笑)。) 納豆カーンを自称する僕は普段から納豆の調査に余念がないわ…

これはとても気になる存在ですねぇ…(ねっとり)

いやあの、何というか思わせぶりな釣りタイトルって個人的にはあんまり好きじゃないんですけど、「中身が伴っていれば良し!」と相変わらず自分に甘い考えのもと、「タイトルに騙された」と思われないような身のある本文作成に邁進していくことで、非礼への…

やっぱり形も意外と大事だというお話

前回の記事では、 「ミツカンの納豆を買っています」 「凍った納豆に賞味期限はありません」 「でも凍ってなければ、納豆だって腐るんです」 という3行で終わる話を、まさかの4000字オーバーでうだうだ語っていました。流石は納豆マハラジャと呼ばれる僕[誰…

そもそも納豆が腐るって何よ?おめぇはもう腐ってんじゃん(笑)

前回、金のつぶ(このファミリーも色々ありますが、一番王道っぽい、黒ラベルのあれです)のパッケージフィルムの写真を貼り、「何か違和感がありますよね?」といきなり謎のクイズ大会を実施していました。 同じ写真を二度貼るのもあれなので、ちょうど最近…

衝撃の新事実!納豆に賞味期限はなかった…?!

相変わらず本題に入る前に、余談といいますか、前回の続きから始めさせていただくとしましょう。 前回、謎メーカーによる「ザ・普通」な四段納豆が、買い始めた当初は2.99ドルであった、と書きました。 実際、ぼんやりした記憶では、それよりも前に、確か2.7…

結局いくらなのか、早よ言ってよ(笑)

もったいぶって引っ張りに引っ張ったアメリカでの納豆のお値段、これはもう、こんなに出し惜しんだからには、1個100ドル (約1万円) ぐらいのインパクトがないと許されませんよ? とはいえこれは、「日本の納豆の価格・最安値は…」なんて一般化できないのと同…

納豆が高すぎて生きるのが辛い…

嘘です(笑)。 …まぁそれは普通に冗談で、別に納豆が高いごときで人生に絶望するほど僕の脳内お花畑は萎れてはおらず、常にチューリップ満開ぐらいのおめでたさを備えているのが、この僕です。 相変わらずの詐欺タイトルはともかく、もうみなさまご存知、「ア…

納豆をひたすら食べ続けた人間の末路

最早ほとんど自己紹介もしておらず、何のこっちゃよく分かんないブログになってる気もしますが、他にこれといって急いで書きたいことも案外ないので、もうちょい食ネタを続けてみましょう。 もう指が酸っぱくなるぐらい書いていますが(…ってこのブログでは…